スポンサーサイト

アガサ・クリスティー『予告殺人』

Agatha Christie(アガサ・クリスティー)のマープルシリーズ『予告殺人(A Murder is Announced)』を紹介いたします。アガサらしい何重にも仕掛けられた"トリック"があるそんな作品だと思います。グロテスクな表現はないのに読んでいてゾクゾクします。...

アガサ・クリスティー『白昼の悪魔』

Agatha Christie(アガサ・クリスティー)のポワロシリーズ『白昼の悪魔(Evil Under the Sun)』を紹介いたします。今回はあるリゾート地の島で起きた殺人事件です。滞在者それぞれに"アリバイ"があります。...

石持浅海『この国。』

石持浅海さんの推理小説『この国。』を紹介いたします。ひとつの国で起きた事件が5つの話に分かれて書かれております。物語の根本となる治安警察と反政府組織のやりとりを描いたひとつめの"ゲーム"が個人的には素晴らしかったなあと思います。...

アガサ・クリスティー『魔術の殺人』

Agatha Christie(アガサ・クリスティー)のマープルシリーズ『魔術の殺人(They Do It with Mirrors)』を紹介いたします。一家アガサファンの私たちですが、私のお気に入りはこの作品です。ちなみに私が子どもの頃は、事件の真相を暴露はするものの未然に防がない(防げない)マープルのことが嫌いでした。小説自体はポワロシリーズより好きでしたが。...

辻村深月『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』

辻村深月さんの「女子」や「格差」をテーマに描いた小説『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』を紹介いたします。第142回直木賞と第31回吉川英治文学新人賞にノミネートされた作品です。...

石持浅海『扉は閉ざされたまま』『君の望む死に方』『彼女が追ってくる』

石持浅海さんの"碓氷優佳シリーズ"3作『扉は閉ざされたまま』『君の望む死に方』『彼女が追ってくる』を紹介いたします。シリーズの特徴として、読者に初めから"犯人"が誰なのか明かされており物語が彼ら目線で描かれているところ、碓氷優佳は常に彼らの"邪魔者"として登場するところを挙げることができます。...

石持浅海

石持浅海 (いしもちあさみ) 1966年12月7日、愛媛県 ジャンル: 推理小説...

Agatha Christie (アガサ・クリスティー)

Agatha Christie (アガサ・クリスティー) 1890年9月15日 - 1976年1月12日(満85歳没) イギリス、イングランド、デヴォン ジャンル: 推理小説...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。