スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石持浅海『扉は閉ざされたまま』『君の望む死に方』『彼女が追ってくる』

160406a0.jpg

石持浅海さんの"碓氷優佳シリーズ"3作
『扉は閉ざされたまま』『君の望む死に方』『彼女が追ってくる』
を紹介いたします。

シリーズの特徴として、
読者に初めから"犯人"が誰なのか明かされており
物語が彼ら目線で描かれているところ、
碓氷優佳は常に彼らの"邪魔者"として登場するところを挙げることができます。


★扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)扉は閉ざされたまま
石持浅海
(祥伝社文庫) 推理小説/ミステリー/サスペンス

内容(「BOOK」データベースより)
大学の同窓会で七人の旧友が館に集まった。“あそこなら完璧な密室をつくることができる…”伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。自殺説も浮上し、犯行は成功したかにみえた。しかし、碓氷優佳だけは疑問を抱く。開かない扉を前に、息詰まる頭脳戦が始まった…。


My Rating ☆☆☆☆☆ (9点)

犯人の視点で物語が進められていき、
"探偵役"の碓氷優佳の視点で描かれないのが特徴的です。
そのため、真相を突き止めようとする優佳に対する疑問を
伏見と同じ目線で抱くことができます。


2008年に、WOWOWの「ドラマW」でテレビドラマ化されました。
160406a1.jpg
 碓氷 優佳 - 黒木メイサ
 伏見 亮輔 - 中村俊介
 大倉 礼子 - 田丸麻紀
 石丸 孝平 - 柏原収史
 安東 章吾 - 和田聰宏
 上田 五月 - 国分佐智子
 新山 和宏 - 山崎樹範
My Rating ☆☆☆★★ (5点)
映像化すると、どうしても細かい部分が省かなければならず、
この物語に関しても 小説の良さがだいぶ失われていました。
ただ全体を通してみると、話自体は大幅な変更はなかったと思います。

 



★君の望む死に方 (祥伝社文庫)君の望む死に方
石持浅海
(祥伝社文庫) 推理小説/ミステリー/サスペンス

内容(「BOOK」データベースより)
余命六カ月―ガン告知を受けたソル電機社長の日向は、社員の梶間に、自分を殺させる最期を選んだ。日向には、創業仲間だった梶間の父親を殺した過去があったのだ。梶間を殺人犯にさせない形で殺人を実行させるために、幹部候補を対象にした研修を準備する日向。彼の思惑通りに進むかに見えた時、ゲストに招いた女性・碓氷優佳の恐るべき推理が、計画を狂わせ始めた…。


My Rating ☆☆☆☆☆ (10点)

"君(梶間)"の望む死に方をしようとしている日向、
日向を殺害しようとしている梶間、
すなわち犯罪者側と被害者側の視点で物語が進みます。
そのふたりの妨げとなるのが第3者の碓氷優佳です。


2008年に、WOWOWの「ドラマW」でテレビドラマ化されました。
160406a2.jpg
 碓氷優佳 - 松下奈緒
 梶間晴征 - 窪塚俊介
 境由美子 - 奥貫薫
 小峰哲 - 大杉漣
 日向貞則 - 夏八木勲
My Rating ☆★★★★ (2点)
この作品の映像化は難しいだろうなあと思っておりましたが、
案の定 碓氷優佳を主役に置き、小説の良い部分が失われておりました。
設定や話も小説とは大幅に異なり、原作ファンからすると非常に残念でした。
まったく別の物語といっても過言ではないでしょう。

 



★彼女が追ってくる (祥伝社文庫)彼女が追ってくる
石持浅海
(祥伝社文庫) 推理小説/ミステリー/サスペンス

内容(「BOOK」データベースより)
旧知の経営者仲間が集う「箱根会」の夜、中条夏子はかつての親友・黒羽姫乃を殺した。愛した男の命を奪った女の抹殺を自らの使命と信じて。証拠隠滅は完璧。さらに、死体が握る“カフスボタン”が予想外の人物へ疑いを向ける。夏子は完全犯罪を確信した。だが、ゲストの火山学者・碓氷優佳は姫乃が残したメッセージの意味を見逃さなかった。最後に笑う「彼女」は誰か…。


My Rating ☆☆☆☆★ (7点)

第1作と同様に犯人の視点で物語が進みます。
碓氷優佳らしさがよく出た作品だと思います。
今作には怖さも加わり、前の2作とは少し違った印象を受けました。



特に第1作目と2作目ですが、終わり方がとても良く
最後まで本当に楽しむことができる推理小説だと思います。

このシリーズの魅力は、なんといっても碓氷優佳です。
彼女の推理は自己満足のためであり、正義のためではないところ、
私は特にこの部分に好感が持てました。

それぞれ物語は完結するので、3作すべて読む必要はなく、
1作目から順番に読まなくても理解できるのも良いところです。
私は2作目の『君の望む死に方』を始めに読みました。


★石持浅海 石持浅海の小説一覧へ


#1443

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援いつもありがとうございます
テーマ: ミステリ | ジャンル: 小説・文学
辻村深月『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』 | Home | 順調な滑り出し!【スペインテニス】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。